BC(ベースカーブ)ってなに?

BC ベースカーブ説明

BC(ベースカーブ)とはコンタクトレンズの曲線のことを表しています。瞳は丸いですよね。その瞳に沿って作られているコンタクトレンズのカーブのことをベースカーブと言います。レンズのカーブを示す数値で、数値が小さいほどカーブがきついレンズとなっています。BC(ベースカーブ)は人によって異なり、日本人と外国人でも大きく違います。普通のコンタクトレンズでも、メーカーによってはベースカーブが異なります。通常、日本人のベースカーブは8.5から8.7の間です。眼科へ行くと、自分のベースカーブを測ることができます。ですが、測ったBCにぴったりのコンタクトレンズが処方されるとは限りません。専門店で購入した場合や眼科で処方されるコンタクトレンズの場合は、BCのラインナップが少ないからです。少しくらい違うBCのものを装着していても、普通は気づきません。「なんとなく着け心地が悪いかな?」という程度にしか気づくことができないのです。気づかない程度の場合プラスマイナス0.3程度ズレているのでしょう。それ以上ずれていたら、違和感や痛み、コンタクトが外れるなどといった症状が現れます。

カラーコンタクトはすべてソフトコンタクトレンズが販売されています。ハードコンタクトレンズの場合、長く使うものですからベースカーブが合っていないと大問題です。でも、ソフトコンタクトレンズならワンデーから1ヵ月などの使い捨てですから、多少違っていても問題ないと考えてしまう方が多いでしょう。ベースカーブがあまりにも合わない場合、レンズがずれ目の中で割れて目に傷がついてしまう、ということもあるため眼科でしっかり測り、自分で合っているか確認してコンタクトレンズを購入したいものですね。日本人でもベースカーブが9.0の方もいらっしゃいます。「他の人と合わせていたら大丈夫だろう」とは考えないように。あなただけに合ったコンタクトレンズを購入しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です