含水率とは!カラコンの選び方

含水率 意味

カラコンを購入するときに良くみかける「含水率(がんすいりつ)」とは、カラーコンタクトレンズに含まれている水分の割合のことを表しています。一般的にワンデーの使い捨てカラーコンタクトレンズは、含水率が高いことが特徴です。50%以上のカラコンが多く、付け心地が良いというメリットがあります。含水率は高いから良いというわけではありません低いカラーコンタクトでもメリットがあります。低いカラコンはレンズの厚みが薄く作られていることが多く、長時間つけていても乾燥しにくいというメリットがあります。また、ドライアイの方や涙が少ない人は低含水レンズがおすすめです。では高含水レンズはどういった方に良いのでしょうか。高含水カラコンは、酸素浸透率が高いため瞳が充分に呼吸をすることができます。角膜にも優しく、水分が多いため常に潤った状態に。目に馴染みやすいため、着け心地が良いという利点が生まれています。コンタクトをつけるとゴロゴロしてしまうという方に向いています。

高含水レンズの悪い点は、コンタクトレンズ自体が水分を必要としているため涙の量が増えて更にはレンズが涙を吸収してしまう為長時間つけることができないという点です。では低含水レンズの悪い点はというと、酸素浸透率が低いため着け心地が悪いという点です。酸素不足に陥ると角膜が酸素不足になってしまうため、目を傷つけてしまうことも。どちらが良いのか?一概にこれが良いとはいえませんが、人によって涙の分泌量、そして目の特徴や状態が異なりますからその人に合ったレンズが良いとしかいえません。また、レンズを付けている時間によっても変わります。安全性を考えると高含水レンズが良いですが、目が乾燥しやすく長時間付けるという方は低含水がおすすめです。どちらも、しっかりケアして装着時間を守ることが大切ですから、決まった時間以上は装着しないようにして、消毒や管理などを怠らないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です