着色直径とは!カラコンを選ぶ

着色直径 意味

コンタクトレンズの直径の計り方は2通りあります。DIAというレンズ全体の直径は、レンズがカーブした状態で測ります。つまり、机にコンタクトレンズを置いて、真上から撮影したときの直径というわけです。では着色直径とはどういった測り方をするのでしょうか。これはDIAとは異なり、レンズのカーブをつぶして平べったくした状態で、着色されている場所の最大直径を計ります。コンタクトレンズを実際に目に装着してみたときに、付け心地の良いレンズはDIAが小さいレンズだと言われています。圧迫感が少ないため快適に長時間の装着が可能です。ですが、カラコンの場合着色料が入っていますから、若干ですが大きい設計となっています。大きくした方が、装着したときにズレにくく安定しているからという理由があります。

カラーコンタクトでしっかり目が大きくなるかどうかの判断をするには直径を目安にすることが一般的です。同じ直径のカラコンでも着色直径が異なる場合があるため、一概にどのカラーコンタクトが良いとはいえません。普通のコンタクトレンズのDIA平均が14ミリです。いくらDIAが大きくても、黒い瞳の部分の大きさは変わりませんから、カラコンでも直径が大きいところで色の変わる部分に差はありません。カラコンの場合、着色直径が大きくDIAが16ミリ以上あるレンズも販売されています。カラコンの縁いっぱいに着色料が入っていると、瞬きをするたびにずれてしまうため、DIAと着色している場所はしっかりスペースが取られているレンズが良いでしょう。一般的に、着色の直径が13.6ミリから14.0ミリのカラコンが多く、もし職場や学校にもバレないようなカラコンを選びたいときは、それよりも小さな直径のレンズを選ぶと良いでしょう。また、たった0.4ミリの差でも印象はかなり変わります。カラーでも異なり、ブラウンとブラックではブラックのほうが大きく感じます。目を一段と大きく見せたい方は、着色の直径が大きいサイズのカラーコンタクトを選ぶと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です