キャストモールド製法ってなに?

キャストモールド製法

今ではカラコンを販売しているメーカーなどすべて把握できないほど参入していますが、企業によってはコンタクトレンズの製造方法が異なります。現在最も有名な製造方法といえば2つ、サンドイッチ製法とキャストモールド製法です。サンドイッチ製法はその名の通り2枚のレンズに着色料を挟み込み製造する方法ですが、キャストモールド製法はどういった製法なのでしょうか。まず、サンドイッチ製法は2枚のレンズを重ねて製造することから、レンズの厚みに問題があります。レンズが厚いと酸素を通しにくくなりますし、やはり着け心地が良いのも薄いレンズです。キャストモールド製法は、レンズの元となる素材と着色料を混ぜ合わせてからレンズを製造する方法です。1枚のレンズで完成させることから薄く着け心地が良いというメリットがあります。長時間つけていると、徐々に乾燥して着け心地が悪くなってくるため薄いレンズの方が長く持つという特長もあります。

ですが反面、デメリットもあります。とはいってもどのコンタクトレンズでも製造方法によってデメリットが存在するため、キャストモールドだからダメだということではありませんが、着色料と素材を混ぜてから製造しているため不良品などがあると目に着色料が直接触れてしまう可能性があります。目が充血したり、痛みが出るといったデメリットがあるようですが不良品ではない限り安全です。大手レンズメーカーの製造したコンタクトレンズは、いくつもの不良品点検をクリアしたもののみ販売されています。そこで、着け心地が良く安全で確かな品質を持ったコンタクトレンズは、キャストモールドだといえます。どのメーカーかもわからないようなレンズを購入すると、不良品な可能性は高まります。デメリットはあると言いましたが、コンタクトレンズは目に直接入れるものです。製造方法だけで危険か安全課の判断はできません。購入される方は、保管方法や日々の消毒、適正な管理の方法を把握しておくことも大切ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です