セミキャストモールド製法とは

セミキャストモールド製法 意味

カラーコンタクトでよくある製法の一つ、「セミキャストモールド製法」それは薄い一枚のレンズの中心素材部分にデザインを専用の着色料で色づけをして、特殊なポリマー素材で薄くコーティングしている製法です。セミキャストモールド製法では、デザイン部分の黒目の上にかかるデザインの色素が目に直接触れることもなく、安全性の高いカラコンとなっています。その他にもサンドイッチ製法という方法がありますが、こちらは「カラコンの薄さ」に関して利点がある製法です。これは大きな特徴ですが、レンズを1枚しか使っていないことからサンドイッチ製法よりも薄くできています。薄いレンズは、ドライアイの方でもつけやすく、着け心地も良いことから多くの方が利用できる製法となっています。酸素をしっかり通すので、目への負担も軽く長時間着用されるかたにも向いています。

セミキャストモールド製法にはその他にも様々な利点があります。レンズの外側に色素でデザインを施して、コーティングしているため薄いという利点からは2つ、メリットが生まれていましたよね。デザインの色素が目につかないこと、そして薄く着け心地が良いということです。多くのカラーコンタクトの場合、色素が触れないように、そして長時間の着用に向いているコンタクトレンズになるように設計されていますが、1つデメリットがあります。もし製品が不良だったら色素がカラコンの外へとしみだして目に負担をかけてしまうということです。そういった事例はまだありませんが、目に色素が溶け出すと目に色素が付着してしまい、目の色が変わったり視力の低下速度が上がってしまうという点です。これはどのカラーコンタクトにもいえるデメリットのため、一概にセミキャストモールドだからだとはいえません。また、現在では技術が進み安全でより確かな製品が販売されています。私たちが注意したいことは、いくら製法が良くても品質の悪いカラーコンタクトを扱っている業者からは買わないことです。偽物をつかまされたら、嫌ですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です