色落ちするカラコンはやばいです。

カラコンは、自然に見えて誰にもつけてる事を知られずにデカ目になれるので人気があります。カラコン使用で目に障害やトラブルが発生する事がありますが、原因のほとんどが角膜に行くはずの酸素が不足することです。ちゃんと瞳のカーブに合ったものを装着するとトラブルは少なくなります。カラーがレンズの外側に着色されているものは注意が必要です。また、ずっとつけっぱなしにしているのも危険です。ずっとオシャレに盛りたいなら、正しい使用方法を守ることです。使い方を誤ってトラブルが増えると、購入しにくくなるという事も起こりかねませんので、注意が必要です。トラブルが起こりにくいのは、日本製のものです。今売られているものは、色素が取れやすいものが多く非常に危険で、綿棒でこすってみて、色が落ちるものはやばいです。使用して失明した人もいます。色落ちするものは、購入するのを控えるなどの注意が必要です。安全なものには、高度管理医療機器承認番号がついています。ですので、承認番号がついているものを買うことが、危険を回避する手段となります。承認番号がついたものは厚生労働省から販売が許可されたものなので安心です。構造に関しては、サンドウィッチ製法というものがあり、レンズの素材自体の内側の中に着色を注入している製法で、色素が外に出ないようになっているので、安心して使用することができます。安全に使用するためにも、製法をしっかりと知ることが重要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です