カラコンで失明をしてしまう可能性は

カラコンを使って失明をしてしまう危険性はないのかと心配する人もいることでしょうが、間違った使い方をすればその可能性というのはあります。
普通のコンタクトレンズであってもいい加減な使い方をしたことによって、失明あるいはその寸前の状態になってしまったという人はいないわけではありません。
ましてやカラコンは粗悪な商品も少なくないため、そのようなものを正しい使い方をしなかった結果目に重大な障害をおってしまうという可能性は有り得る話なので十分に注意をしましょう。

まず、カラコンというのはおしゃれ目的で使用をする人が多いのでコンタクトレンズが必要ないという人であっても、使っているケースは珍しくありません。
このような人たちというのは正しいレンズの扱い方などを理解していないことがあるため、取り外すことなくずっとつけっぱなしにしていたり、汚れを綺麗に落とさずに使ったりして目にトラブルが発生するということがあります。
次にカラコンは雑貨屋などでも買うことができる、玩具扱いとなっている商品もあるのですがこれは安全性に非常に問題があるものも少なくなく、特に海外のものであれば成分が溶けだしてその結果として目のトラブルに繋がってしまうというケースも有ります。
当然そのようなものを適当な使い方をしていると、目に障害を負ってしまう恐れがあり最悪失明につながってしまうこともあるのです。

カラコンは直接目に触れるものだけに、使い方を誤れば失明してしまうことがあるということを覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です