検査なしでカラコンを使うのって危険?

カラコンは高度管理医療機器の対象になっているので、初めて買う時には眼科医の処方箋なしでは買えません。そのため、最初は必ず検査を受ける必要があります。
角膜に合った処方をするために、角膜のカーブの具合と度数を測ります。眼球にフィットし、自分の視力にあったカラコンが欲しいのであれば、検査なしで使うのはやめた方がいいでしょう。
個人輸入などであれば処方箋なしで買えるところもありますが、何かあった時には自己責任になり、国の救済措置が受けられません。特に格安や激安の製品は雑な作りになっている可能性があるので、注意した方がいいです。
日本製のカラコンはほとんどがしっかりした作りになっていて、試用期間も短く設定されています。なので比較的安全です。
しかし、たとえ日本製のカラコンでも、他人のものを借りるなどして検査なしで使うのはやめましょう。自分に合わない形のカラコンをつけてしまうと、取り外せなくなってしまうこともあります。また、使用済みのレンズを使ってしまうとレンズを介して眼病に感染してしまうリスクもあります。
一度検査してもらえば基本的には処方箋の必要もなくネット通販でカラコンを購入できますが、できれば定期的に眼科を受診して目に異常がないかチェックしてもらった方がいいでしょう。適切な使用方法とケアをしていればトラブルが起こる危険性は低いですが、こまめにチェックしておくことで視力低下やアレルギー性結膜炎などのリスクを減らすことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です