カラコンを安全に使うために心がけたいポイント

カラコンは利用上の心がけを守る事で安全に装用して、目の健康を保ちながら使う事ができます。重要なポイントを押さえておき、確実に実行してカラコンを楽しく安全に使いましょう。

まず、装用の前に必ず医師の診断を受けるようにしましょう。コンタクトレンズは高度医療機器に分類される存在であり、カラコンであってもそれは変わりません。医師と相談して涙の量を調べたり、目の健康状態をチェックしたりした上で、正しい装用方法やメンテナンス方法を教えてもらう事ができます。定期健診を受け続ける事で、目の健康を維持してカラコンを使い続ける事ができるでしょう。

次に、正しいメンテナンス方法で維持する事です。洗浄液や保管ケースは医師が指定したものを利用して、洗い方も指導を受けた際に身に付けた方法を使い続けましょう。洗浄液を勝手に変えたり、保管ケースを定期的に取り換えなかったりすると眼病の原因になる事もあるのでおすすめできません。

最後に、装用時間を守る事です。コンタクトレンズには装用時間の限界があり、1日の間にそう長く装用できるものではありません。特に、使い始めの頃は目が慣れておらず使いにくいので装用時間は短くなります。終日利用できてもメンテナンスのタイミングがありますから、常に使い続けられる訳ではありません。指定された装用時間を越えて利用すると、目の痛みやかゆみ、眼病等の原因になります。失明や視力低下のリスクは大きなものですから、必ず守るべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です